Just another WordPress site

トップ > Q&A > キャンピングカー > キャンピングカーに発電機は必要ですか?

キャンピングカーに発電機は必要ですか?

家電製品を頻繁に使うのであれば、発電機はあると便利でしょう。

あると便利な発電機ですが、必ず必要というものでもありません。

発電機のメリットとデメリットをお伝えします。

 

 

発電機のメリット

発電機を使うメリットとして、ルームエアコンや電子レンジといった、消費電力が大きい家電製品を気兼ねなく使える点があります。

発電機がついていない場合、家電製品はサブバッテリーに依存します。

つまり、サブバッテリーのバッテリー容量が尽きてしまった場合、何もできなくなってしまうということです。

発電機がついていることで、家電製品を使いながら、電気を作る事ができますので、家電製品が使えなくなる、サブバッテリーの残容量を確認しながら使うなどの心配はなくなります。

 

真夏の暑い日に、ペットと旅行に行っていたりすると、エアコンが使えないのは非常に辛いでしょう。

発電機があれば、エアコンを動かせますので、ペットの体調管理としても使用できます。

 

 

発電機のデメリット

サブバッテリーの容量を気にせずに家電製品が使えるというメリットは非常に大きいですが、同時にデメリットもあります。

それは「騒音」です。

日中であれば、周りから音がしているため、発電機を使用していても、騒音になるようなことは、多くはないと思います。

しかし、夜中に発電機を動かしているのは、「騒音」となってしまいます。

夜中は周りが静かですし、気温が下がりますので、音がより遠くまで届きます。

つまり、昼と同様の音量が出ていたとしても、夜のほうがより遠くまで響くため、「騒音」となってしまうのです。

 

 

まとめ

発電機はあると非常に便利な道具ではありますが、同時に「騒音」を引き起こしてしまう道具でもあります。

使う場合は、しっかりと防音対策をして、夜中でも騒音にならないようにし、また、使用する時間帯も考えて使用しましょう。

 

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

選べる3つの買取方法

電話で査定

WEBで査定

LINEで査定