Just another WordPress site

トップ > キャンピングカーの歴史

キャンピングカーの歴史

キャンピングカーの原型

そもそもキャンピングカーは、ヨーロッパで使用されていた幌馬車が原型と言われています。ヨーロッパは地続きであるため、商売や旅行などで国境を越える際には人の足が主でした。

しかし人の足では移動できる範囲が限られているため、長距離移動の際は大変な苦労を強いられてきました。
そんな時移動手段として登場したのが幌馬車です。

幌馬車の登場により、人々の長距離移動を非常に楽なものとなりました。時代の流れに合わせて技術が発展すると、これまで動力源であった馬が車へと変化し、キャンピングカーが誕生するヒントとなっていきます。

キャンピングカーの登場

ヨーロッパで生まれたキャンピングカーはその後、アメリカへと渡っていきます。
アメリカで本格的にキャンピングカーが知られるようになったのは、1910年代頃とされています。この時代、Pierce-Arrow社などがキャンピングカーを発表し、量産していきます。

発表されたキャンピングカーの見た目は車そのものでしたが、長時間そして長期間の移動を考慮した設備が整えられていました。当時、旅行に行くのは列車が一般的でしたが、「好きな時に好きな場所へ行ける」キャンピングカーは画期的なアイテムとして、富裕層を中心に人気が高まっていきます。ちなみに、当時のキャンピングカーの躯体はほとんどが木製だったそうです。

国産キャンピングカーの誕生

日本におけるキャンピングカーの登場は、1950年代に入ってからです。この時代に活躍していた画家の桐野江節雄氏が、海外を転々としながら絵の修行をしようと考えます。その時、桐野江氏は車に住みながら移動はできないかと思い立ちます。そして生み出されたのが日本初のキャンピングカーである「エスカルゴ号」です。

1958年11月に日本を発った桐野江氏とエスカルゴ号は1963年4月に帰国すると、1965年には日本オートキャンピングクラブ、1969年には日本オートキャンプ協会の設立に尽力していきます。その後、高度経済成長期から安定経済成長期へと入ると、一般の人々の間でもキャンピングカーが普及していき、今日の人気へと至ります。

岐阜県にある当社では、上記のような歴史を紡いできたキャンピングカーの買取を行っています。人気車や極上車であれば高額買取も可能です。もちろん近年人気となっている軽自動車タイプも買取をいたします。北海道から九州まで全国無料出張査定も行っていますので、キャンピングカーの買取をお考えの際は、お気軽に当社へご相談ください。

エービーシーオート株式会社 /キャンピングカー買取/中古車 概要

会社名エービーシーオート株式会社
所在地〒501-6232 岐阜県羽島市竹鼻町狐穴337-1
電話番号058-393-0001
FAX058-393-0011
メールアドレスinfo@abc-auto.co.jp
URLhttp://abc-auto.co.jp/
業務内容キャンピングカー買取/キャンピングカー売却/キャンピングカー査定/中古車/高額査定/無料査定/下取り/出張査定/事故修理/岐阜
説明キャンピングカーの買取なら全国無料出張査定のABCキャンパー(ABC-CAMPER/エービーシーキャンパー)へ。当社は岐阜にありますが、北は北海道から南は九州まで全国での査定を行っております。中古車を高額で売却したいなら当社におまかせください。
日本
都道府県岐阜県
市区町村羽島市竹鼻町

選べる3つの買取方法

電話で査定

WEBで査定

LINEで査定