Just another WordPress site

トップ > Q&A > キャンピングカーの設備 > キャンピングカー用発電機、どう選ぶ?2つの主要なタイプとそのメリット・デメリット!

キャンピングカー用発電機、どう選ぶ?2つの主要なタイプとそのメリット・デメリット!

キャンピングカー用の発電機の主な2種類と、それぞれのメリットとデメリットについて詳しくご紹介します。

キャンピングカーでの旅行は自由で楽しいものですが、快適に過ごすためには十分な電力が必要です。ここでは、キャンピングカー用の発電機の選び方と、それぞれのタイプのメリットとデメリットについて解説します。

 

キャンピングカーに発電機を載せるメリット

キャンピングカーに発電機を搭載することは、多くのメリットをもたらします。特に、照明や家電製品などの電源として非常に便利です。外部電源が使えない場所でキャンプする際や、災害時などにも独立した電力源として活躍します。

 

1. 自立した電力供給

発電機は、外部電源に頼らずに電力を確保できるため、場所を選ばずに電力を供給することができます。これにより、自由な場所でキャンプを楽しむことが可能になります。

 

2. 高い電力供給能力

特に大容量の発電機を選べば、エアコンや電子レンジなど、大きな消費電力を要する家電も問題なく使用できます。これにより、家庭と変わらない生活がキャンピングカー内で実現可能です。

 

キャンピングカー用発電機の選び方

キャンピングカー用の発電機には大きく分けて「ポータブルタイプ」と「車載タイプ」の2種類があります。それぞれの特徴を理解し、自分のキャンピングカーの使用状況に最適なタイプを選ぶことが重要です。

 

ポータブル発電機

メリット

  • 携帯性: 小型で軽量なため、持ち運びが容易です。場所を選ばずに使用できるのが大きな利点です。
  • 低コスト: 車載タイプに比べて一般的に価格が安く、導入しやすいです。

デメリット

  • 限られた電力: 出力が小さいため、大きな電力を必要とする機器には不向きかもしれません。
  • 燃料の補給が必要: 長時間の使用には燃料の補給が頻繁に必要となることがあります。

 

車載発電機

メリット

  • 大容量: 大量の電力を供給できるため、エアコンや大型の冷蔵庫なども問題なく使用できます。
  • 便利性: 常に車両に搭載されているため、外部設置の手間がかかりません。

デメリット

  • 高価: 高い性能を持つ分、価格も高くなりがちです。
  • 設置スペース: 車体に固定するためのスペースが必要です。大型のキャンピングカーでないと難しい場合もあります。

 

総合的な考慮事項

発電機を選ぶ際には、以下の点も考慮に入れると良いでしょう。

  • 騒音: 発電機の稼働音は、使用する場所や時間によっては問題となることもあります。特に、静かなキャンプ場などでは、他のキャンパーに迷惑をかけないよう注意が必要です。
  • 燃費と環境性能: 燃料効率が良いモデルや、排気ガスの少ないエコモデルを選ぶことで、環境に優しいキャンプが可能です。

 

まとめ

キャンピングカー用の発電機は、快適な車中泊を実現するために非常に重要なアイテムです。ポータブルタイプと車載タイプの両方にメリットとデメリットがありますので、自分のキャンプスタイルや予算、使用する電化製品の種類に合わせて最適な発電機を選びましょう。そして、どこでも自由に、そして快適に過ごせるキャンピングカー生活を満喫してください。

 

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

選べる3つの買取方法

電話で査定

WEBで査定

LINEで査定