Just another WordPress site

トップ > Q&A > キャンピングカー > スキー場で車中泊を考えています。FFヒーターを就寝中に使用しても問題ありませんか?

スキー場で車中泊を考えています。FFヒーターを就寝中に使用しても問題ありませんか?

正しい使い方がされていれば、問題ないと言えます。

FFヒーターで心配なのは一酸化炭素中毒

適切な取付や操作がされていれば、問題ないと言えるでしょう。

FFヒーターで心配なのは、一酸化炭素中毒の心配です。

通常、乗用車の排ガス中の一酸化炭素濃度は排ガス量の1~2%と言われています。

それに対して、FFヒーターから排出されるガスの一酸化炭素濃度は0.003~0.01%と言われれています。

ですので、FFヒーターでの一酸化炭素中毒の心配は限りなく低いといえるでしょう。

 

FFヒーターの注意点

乗用車の排気ガスと同様にFFヒーターを利用した場合でも、排気ガスは発生します。

正しく取り付けがされていれば、排気ガスは社外に排出されます。

スキー場などの雪山で乗用車のエアコンを使用する時に、エンジンをつけっぱなしにすると、雪で排気管がふさがれて、排気ガスが車内に逆流し、一酸化炭素中毒で死亡することも考えられます。

乗用車と同様に、FFヒーターをつけっぱなしで就寝される場合は、FFヒーターの排気口の向きを考えて駐車し、排気口が雪で塞がらないようにしましょう。

排気口が雪で塞がってしまうと、一酸化炭素濃度の低いFFヒーターと言っても、一酸化炭素中毒の可能性があります。

 

 

まとめ

就寝中にFFヒーターを付けていたとしても、一酸化炭素中毒になる可能性は低いと思われますが、就寝時には、FFヒーターは停止しておやすみになることをおすすめします。

室内を十分に暖かくしておいて、シュラフや布団に入って寝てしまえば、極端に寒くなければ問題ないでしょう。

 

寒さが厳しくFFヒーターを動作させたまま就寝する場合は、排気口の向きを考え、雪で塞がらないように注意しましょう。

 

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

選べる3つの買取方法

電話で査定

WEBで査定

LINEで査定