Just another WordPress site

トップ > Q&A > キャンピングカー購入 > キャンピングカーにシャワーは必要ですか?

キャンピングカーにシャワーは必要ですか?

シャワー設備はあると便利です。

シャワー設備はついていると便利ですが、必ず必要というものでもありません。

シャワーがあることのメリット、デメリットをご紹介します。

 

 

シャワーがあることのメリット

シャワー以外でもお湯が使える

シャワー機能がついていないキャンピングカーと言うのはボイラー設備がないため、水しか出ません。

シャワーを設置することで、シャワー以外でもお湯を使うことができます。

 

時間を気にせずに行動できる

キャンピングカー全般に言えることですが、シャワーがあることで、更に時間を気にせずに行動できます。

特に身体をきれいにしてから寝たい方などは、温泉施設の営業時間が気になることと思います。

しかし、シャワーがあることで、温泉施設の営業時間を気にせず、寝る前に身体をきれいにすることができますので、時間を気にせずに行動できます。

 

汚れを落とすのに便利

車の外側からシャワーを使用できるものもあり、海水浴の砂を落としたり、スキー場で雪を落としたりするのに便利です。

 

 

シャワーがあることのデメリット

排水問題、給水問題

使った汚水をどこに捨てるのか、どこから補充するのか、という問題があります。

シャワーを使うことで、汚水がたまりますし、溜めていた水は減少します。

汚水である以上、どこに流しても良いというわけではなく、しかるべき排水設備のある場所に捨てなければなりません。旅の間中汚水を抱えたまま運転することになるかもしれません。

 

同様に使った水を補充しなければいけませんが、どこからでも給水できるわけではありません。

ガソリンスタンドやキャンプ場等、給水できる場所には限りがあります。

 

最悪の場合、給水タンクは空で、汚水タンクは満タンという状態も考える必要があります。

 

メンテナンスが必要

ボイラーの水は使わないときには、石灰成分が固まって詰まってしまったり、腐り防止のために水抜きする必要があります。

雪国などに行く場合はボイラーの水が凍ることがあり結構故障しやすいので注意が必要です。

 

また、使用後に水滴が天井や壁につくため、まめに乾燥させないと、すぐにカビてしまいます。

使用したら、拭き取るクセ付けが必要です。

 

まとめ

シャワーのメリット、デメリットをお伝えしました。

当然あれば便利はシャワーですが、必ず必要というものでもありません。

シャワーを設置するのにも費用がかかります。ご自身のキャンピングカーライフに必要かどうかを判断して設置する必要があります。

車種によってはあとから設置することもできますので、まずは設置せずに購入し、必要であれば後から設置しましょう。

 

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

選べる3つの買取方法

電話で査定

WEBで査定

LINEで査定