Just another WordPress site

トップ > Q&A > ソーラーパネル > ソーラーパネルのメーカーを教えてください。

ソーラーパネルのメーカーを教えてください。

ソーラーパネルの7つのメーカーと特徴をご紹介します。

ソーラーパネルのメーカーはいくつもありますが、その中から7つのメーカーと特徴をご紹介します。今回紹介するメーカーは7つですが、導入を検討しているメーカーは一度調べてみることをおすすめ致します。

 

ソーラーパネルメーカー7選

東芝

半導体の研究開発に強みのある東芝ですが、太陽光パネルはサンパワー社製を採用し、東芝ブランドでOEM販売しています。東芝ブランドを期待した方にとっては不満かもしれませんが、世界最高水準のパネルを国内メーカーの補償を受けながら、使えるメリットは大きいでしょう。

 

  • モジュール変換効率№1!
  • 大容量ながらパネルサイズが小さく軽量!
  • 限られた設置スペースに設置可能!

 

パナソニック

結晶シリコンとアモルファスシリコンという2種類を融合させた独自技術の「HITソーラーパネル」が有名です。世界最高水準の出力・変換効率に加え、高温に弱いというシリコン系単結晶ソーラーパネルの弱点を補い、高温でも発電量を確保することができます。

 

  • 世界最高水準の出力・変換効率のHITソーラーパネルで、小さい屋根でも発電量を確保!
  • 高温時でも発電量が低下しづらく、夏の暑さでも発電量をキープできる!
  • 省スペース、軽量化の特徴を持つため、屋根への負担軽減が可能!

 

シャープ

多種類のソーラーパネルのラインナップがあります。積雪などの厳しい自然環境にも強く、積雪に対しては機械的荷重試験に加えて、滑り落ちた雪がソーラーパネルの下部に偏って荷重した場合を想定した割切負荷試験も行っています。

 

  • 台風や豪雪など、厳しい自然環境に強い
  • 多種類のソーラーパネルのラインナップ

 

ソーラーフロンティア

主流のシリコン系のソーラーパネルではなく、CISソーラーパネルに特化したメーカーです。

CISソーラーパネルは、実発電量が多いことが特徴です。夏場でも出力低下を抑えられるほか、影に強く、安定した発電能力を発揮できます。

 

  • CISソーラーパネルで影に強く、安定した発電能力がある
  • 原材料から製品まで一貫した生産プロセスを国内工場で実現した純国産パネル

 

三菱電機

耐候性、耐湿性、密封性にすぐれた3層構造バックフィルムを採用し、フレームやネジ類には、耐食性メッキを施しています。雨や埃にも強い「防汚フレーム」、積雪に強い「プロテクションバー」の採用など、耐久性に優れています。

 

  • セル特性の均一化で高く安定したパフォーマンス
  • 長方形、ハーフ、スリムなど多彩なソーラーパネル

 

ハンファQセルズ

「質実剛健」なドイツのメーカー「Qセルズ」が、韓国のハンファグループに合併されたことで誕生しました。Qセルズは世界的にシェアがあり、技術力も高いメーカーです。

低照度の地であるドイツ・ライプチヒで研究開発されていますので、曇の日でもしっかり発電できます。

 

・曇りの日でも高い発電効率

・トラブル防止策を徹底する企業姿勢

 

カナディアンソーラー

カナダで創立されていますが、生産拠点が中国のため、中国メーカーのイメージが強いです。

そのため品質を疑って敬遠する層も一定数存在しますが、単結晶の高い変換効率が、比較的安い価格で手に入ることで人気もありますし、世界シェアの高さは多くの人に受け入れられていることを意味しています。

 

  • 世界トップクラスの販売実績で、圧倒的低価格を実現
  • カナダの厳しい積雪に耐えられるように設計されており、積雪に強い

 

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

選べる3つの買取方法

電話で査定

WEBで査定

LINEで査定