Just another WordPress site

トップ > キャンピングカーを高く売るコツ

キャンピングカーを高く売るコツ

h001

 

キャンピングカーの売却では、「なるべく高く売りたい!」とお考えになる方が多いはずです。
高く売るコツとして、年式と走行距離についてご説明します。

 

年式

乗用車や軽自動車などの普通中古車と同様に、キャンピングカーも「高年式であること」は高く売却するための大きなポイントとなります。

 

年式は車が初めて登録されてから何年経過しているかを知る大切な情報で、車検証の「初度登録年月」という項目に記載されています。

 

年式を判断する明確な定義はありませんが、一般的には登録から3年以内の車を高年式、7年以上経過している低年式と呼びます。高年式であればあるほど時代に合った性能が搭載されていると判断され、低年式の中古車に比べて買取価格販売価格共に高めに設定されます。

 

キャンピングカーの性能を重視する方は、高年式車を選ぶ傾向があります。また、高年式であるということは修理コストも抑えられる可能性が高くなります。キャンピングカーをできるだけ高く売却するためには、「高年式」のうちに手放すのもコツなのです。

 

走行距離

普通中古車は価格設定の目安として、走行距離5万キロ毎で判断されることが一般的です。
走行距離は、エンジンの状態に繋がる大切なポイントとなるため、重視して選ぶ方が多いのです。例えばキャンピングカーの場合、同じ車種・同じ年式なら、走行距離が少ない方が選ばれる可能性が高くなります。

 

しかし、走行距離が多くても、エンジンオイルの交換などのメンテナンスをしっかり行っていたキャンピングカーは、評価が高くなる場合もあります。この場合は、定期点検整備記録簿が重要になります。「購入するなら、やっぱり安い方がいい!」と考える方は、低年式でも走行距離が少ない車を選ぶ傾向があります。

 

走行距離が多いキャンピングカー・走行距離が少ないキャンピングカーいずれも、市場ではニーズがあるのです。しかし、「走行距離が少ないうちに手放すことで査定価格にも差が出る」ということは、ぜひ押さえておきたいポイントです。

 

様々な要素による総合評価

p002中古車の中でも「優良車」として評価が高いのが、ワンオーナー車です。新車で購入した人が手放したことで始めて市場に出るワンオーナー車は、高品質な中古車を購入したいと考える方から高評価です。ワンオーナー車からは、最初のオーナーがメンテナンスに気を配り、大切に乗っていたということがダイレクトに伝わるのです。

 

保管方法についても、購入する方にとっては大切な情報となることがあります。
例えば、屋外の駐車スペースで保管していた中古車よりも、屋根つき駐車スペース・ガレージなどで保管していた中古車の方が高評価です。直射日光を浴びていないことで、外装・内装の状態に違いが生まれるのです。

 

その他、「希少車である」「新車価格が高額である」「オプションが充実している」「経済的なディーゼル車である」「様々な走りが可能な四駆タイプである」など、買取価格に期待できる要素は様々です。1つの要素だけでなく、様々な要素によって総合的に判断されますので、専門的な査定で売却したいとお考えでしたら「専門店へ依頼すること」こそが高く売るコツとなります。

 

キャンピングカー買取専門店の当社では、独自のネットワークにより高額査定が可能です。
岐阜県にありますが、北は北海道から南は九州まで全国での査定を行っております。キャンピングカーを熟知した専門スタッフが心をこめて査定させていただきますので、安心してお任せください。

簡単WEB査定

車輌情報

メーカー
車種名
年式
走行距離 km
駆動方式
燃料
希望金額 万円
売却時期
画像の添付








お客様情報

お名前
ふりがな
住所

メールアドレス
※携帯メールアドレス ([★@ezweb.ne.jp] [★@docomo.ne.jp] [★@softbank.ne.jp]など) をご利用の場合は、あらかじめPCメールの受信許可設定を行なって下さい。
電話番号
オプション装備・アピールポイント

選べる3つの買取方法

電話で査定

WEBで査定

LINEで査定